【無料アニメ】

  【無料視聴】【BLOGRANKING】 にほんブログ 【TOREMAGA】

トライアル期間中(無料期間)だけ利用すれば月額料金が一切かからないので賢くご利用ください♪

(無料期間内に退会すればどんなに利用しても0円!!)

スマホでもPCでも高画質アニメ動画を高速で楽しむ

今だけ31日間無料!

U-NEXT   【FODプレミアム】



2018年10月スタート秋アニメ最新情報!!

ストーリー
「お前には友達はできない」。目の前に転がるサッカーボールを取ってくれとキルアに寄ってくる子供に代わりにボールを受け取り、蹴ったボールに殺され、兄イルミに繰り返しそう告げられる夢から目覚めたキルアは、ゴンと共に飛行船でとある町に移動している最中だった。やがて到着先でレオリオと再会したゴンとキルアは、レオリオがこの町の近くでクルタ族の生き残りが目撃されたという情報を得、その真偽を確かめるためにシャンハシティを訪れたクラピカに同行してここに訪れていたことを知る。調査の結果、クラピカとレオリオが見つけたのは竪琴を弾く少年・パイロ――クルタ族の一人であり、クラピカのかつての友。だが再会を喜ぶ間もなく、パイロはクラピカの両目を奪い去ってしまった。
病院で療養していたクラピカのもとを訪れたゴンとキルアは事の真相を確かめるべく、いくつかの手掛かりをもとに調査に打って出る。やがてたどり着いた大きな時計塔のある町で、ゴンはマリオネットを操って路上ライブにいそしみ、ライブ終了後に投げ銭を受け取る人形師に出会う。人形師の名はレツといった。
同じ頃、療養中のクラピカと付添いで残っていたレオリオのところに、幻影旅団No.4のヒソカが現れる。彼には目を奪った相手に心当たりがあった。ヒソカは語る。その人物は、自分が幻影旅団に入る前にNo.4の番号を持っていた男だった。ゴンたちを倒すのは自分であって欲しかった故の情報提供だ。
人形の魅力を語るレツと一緒に就寝後、クラピカに倒されたはずのウボォーギンが現れた。ウボォーギンは超破壊拳(ビックバンインパクト)を駆使してゴンとキルアに襲いかかった。ウボォーギンとの力の差に、キルアは兄イルミに教えられた言葉のとおりに撤退を表明するがゴンは勝機を模索、キルアは従い、ウボォーギンと向き合った。指示を出すゴンがウボォーギンの強襲にやられ、キルアは再び撤退を思い浮かべる中、尚もゴンは立ち上がりキルアを庇った。ウボォーギンはゴン目掛けて突撃するが、その動きは止められた。幻影旅団メンバーのノブナガが現れ、ウボォーギンの胸を十字に切り裂いたからだ。ウボォーギンが再び超破壊拳を繰り出そうとするとノブナガがとどめをさした。とどめをさされたウボォーギンは両の目が落ちてその場に崩れ落ちた。そこへ現れたのは幻影旅団元No.4オモカゲ。オモカゲに首を蹴られたウボォーギンの体は小さな人形になった。ウボォーギンはオモカゲが念で作った“人形”だったのだ。オモカゲは準備が整っていないことを理由に撤退。ノブナガも同じく撤退した。
ウボォーギンの人形の強襲に服がボロボロになったレツに新しい服を着せたいと、ゴンは洋服屋にレツを誘った。試着室から出てきたレツは髪にかかったカチューシャと赤色のドレス姿に女の子の姿になっていた。レツを褒めるゴンにキルアは再びレツに違和感をおぼえた。キルアはゴンを連れ出し、耳打ちするがゴンは意に返さなかった。ゴンに通じないこと理解したその時、キルアの中で兄イルミの言葉が思い出された。キルアは必死に打ち消した。その様子を見ていたレツはマリオネットに命令を送ると独りでに動き出してゴンとキルアの方へ向かっていった。レツは先ほどゴンとキルアに向けて人形を放ったことなど忘れたようなそぶりで2人に声をかけた。
レツに連れられて向かった先は古ぼけた洋館だった。ゴンとキルアは危険に巻き込ませないようレツを遠ざけ洋館に向かった。洋館の中へ入ったゴンとキルアの前に現れたのはキルアの兄イルミだった。ただ本物のイルミと違う点があった。両の目がなく空洞になっていること――イルミの人形――だった。キルアは目の前のイルミが人形だと分かっていながらも幼少の頃よりの兄という存在そのものに怯え、身動きがとれなくなった。身動きのとれないキルアに向かってくるイルミの人形に対しゴンが制するがイルミの人形が放った針に弾かれてしまう。一旦体制を整えようと動きをとったキルアに対してイルミの人形が一言呟いた。ゴンは激怒し、イルミの人形に向かうが再び弾かれてしまう。兄の言葉が過り再び動けなくなったキルアにイルミの人形が詰め寄った。イルミの人形はキルアの目を奪い取ろうと「魂呼ばい」をかけるが、立ち上がったゴンが庇い、ゴンの両目が代わりに奪い取られた。ゴンの目が埋まったイルミの人形はオモカゲの指示だったことを言い残して立ち去った。
ゴンを助けられなかったばかりか、逃げ腰をみせてしまったキルアは自己嫌悪に陥り洋館を飛び出した。自暴自棄になったキルアは目の前に向かってくる列車を前にして線路に立ち竦むが、線路に飛び出したゴンにより線路から担ぎ出される。列車が去った後、ゴンはキルアに、キルアは裏切らない、たとえ裏切ったとしても、それでも信じることを伝えた。やがて話題はレツの話題になり、またオモカゲとの関係を先に述べたのはキルアではなくゴンだった。そこへレオリオとクラピカがゴンの携帯電話のGPS追跡機能を頼りに駆け付けてきた。4人は再び洋館を目指して駆け出していった。
洋館の中ではレツとオモカゲが向き合い、これまでの自分たちの経緯を語り合っていた。オモカゲは時がくるのを心待ちにし、以前の兄を想うレツは咎めたが、その声はオモカゲには届かなかった。レツの目がオモカゲの目へと移っていった。
洋館に辿り着いた4人はそれぞれに思う中、クラピカがパイロを弄ばれた思いと首謀者が幻影旅団元メンバーという責任感から1人駆け出していった。一画が礼拝堂となった部屋に出ると、パイロ、イルミの人形、そしてオモカゲが現れた。次に目を奪うのはキルアとレオリオと、オモカゲは捕獲の意義を述べた。ゴンはレツの存在を問い掛けるとレツが現れたが、その両目は閉じられていた。目が閉じられている理由をオモカゲから告げられたゴンは本人の意志とは無関係に生かされていることに激怒した。オモカゲは合図を送るとパイロとイルミの人形が動き出し、ゴンたちに襲い掛かった。
クラピカはパイロの人形が呟く思い出話に翻弄されながらもレオリオの声に励まされ、パイロの顛末を噛み締め、パイロの人形を払った。パイロの人形はクラピカと交わした約束を確認し、安堵したパイロの人形は元の人形の姿へと戻っていった。
一方、ゴンとキルアはイルミの人形と対峙していた。イルミの人形は再びキルアに詰め寄り、キルアをたじろがせるが、ゴンのキルアを信じる思いにキルアは立ち上がり2人での攻撃にイルミの人形は倒された。
オモカゲは再度合図を送ると、今度は幻影旅団メンバー達の人形が現れた。幻影旅団メンバーの人形が襲い掛かろうとした時、その幻影旅団メンバーの人形をトランプが振り払った。振り返るとヒソカが参戦にきていた。ヒソカの登場に幻影旅団メンバーの始末を任せたクラピカはオモカゲの下へ向かう。オモカゲは人形受胎(ドールキャッチャー)により幻影旅団メンバーの人形の中からフランクリン、フィンクス、ノブナガの人形を取り込んだ。3体の人形の力を取り込んだオモカゲはゴン、キルア、クラピカ、レオリオを翻弄するが一瞬の隙をついてクラピカが鎖を放つ。しかしノブナガの人形を取り込んだオモカゲに「円」で弾かれていた。オモカゲに追い詰められた中、ゴンはレツを指す。彼女は抱えていた人形に短剣を刺していた。狼狽えるオモカゲにクラピカが詰め寄る。クラピカの問い掛けに対するオモカゲの返事に応えたのは、パイロを弄ばれ、オモカゲを鎖で捉えたクラピカではなく、暗殺稼業に業を背負おうとしたキルアでもなかった。レツだった。レツはオモカゲとの日々を思いながら、オモカゲにとどめをさした。
とどめをさされたオモカゲは最期の力で再び人形を動かした。その中を本物の幻影旅団メンバーが現れた。生き返った人形たちも、本物の幻影旅団メンバーとヒソカの前では歯が立たなかった。ヒソカとクラピカ、そして合流した幻影旅団メンバーたちは、共通の敵相手に共闘したまでにすぎないことを交わし、散っていった。全てが一段落ついた瞬間、レツが燭台の炎を持って洋館へ消えていった。しばらくして洋館は炎に包まれた。ゴンとキルアに、束の間の今を生きられることに感謝の言葉を述べながら。
ゴン、キルア、クラピカ、レオリオは、それぞれに今向かう道を確認し、3番ゲートはヨークシンシティ、6番ゲートはカキン国を案内するアナウンスが流れる中、クラピカ、ゴンとキルア、レオリオに別れて、それぞれに飛行船に乗って散っていった。その飛行船をヒソカ、クロロ、ビスケット=クルーガー、カイト、ジン=フリークスが、順に見上げていた。
(Wikipediaより)

「anitube」

このページはHUNTER×HUNTER 緋色の幻影を紹介しています。

当サイトの管理人がアップロードしているものではありません。
ホームに戻る